トップ

眼科でオルソの治療を受けて近視を矯正しよう

近視の方は、眼鏡をかけたり、コンタクトをつけたりするのが多いようです。
近視を治すためのレーシック手術もあり、これを受ける人も少なくありません。
これは、近視を治してしまうほうがすっきりするし、スポーツのときも余計な心配をしなくて済むからでしょう。
しかし、レーシックは、レーザーで角膜の1部を削る手術なので、この治療を受けるのをためらわれている人も多いようです。
眼科のサイトではその安全性を主張しているようですが、受けるにはすこし勇気がいるかもしれません。
そこで、もっと安全な方法で、近視を矯正したいと考えておられる方は、オルソケラトロジーという治療を受けることをおすすめします。
これは、夜眠っている時に、特別性のコンタクトを装着しておくと、昼間の間はそれをはずしても、近視が矯正されているという治療法です。
これなら、手術を受けなくても、近視が矯正できるので、角膜の1部を削る必要もありません。