トップ

不動産仲介士の資格をキャリアアップに活かそう

不動産仲介士は民間資格です。
その特徴として国家資格よりも難易度が低いということが挙げられます。
宅建士やマンション管理士などの国家資格は合格率が低く難易度が高いですが不動産仲介士はそれに比べると合格率が高いため短い勉強時間でも資格を取得することが出来る可能性が高いのです。
このことは特に既に働いていてキャリアアップを目指したい社会人に取ってメリットと言えるでしょう。

しかし、この資格には独占業務が無いため宅建士などのように重要事項説明が出来るわけではないので注意が必要です。
また、この資格は取得後も引き続いて勉強をすることが前提として作られた資格となっています。
当然試験勉強をして獲得した知識は実務で役立ちますが、法律や市場環境などは時代によって常に変化しています。
逆を言えば、このような環境に自分のスキルを合わせるための資格だということが出来るのです。

不動産ココでは業界内外にある不動産関係の資格の情報を集めたインターネットサイトになっています。
資格というのは情報が不動産従事者に届いていないケースが少なくないため、自分のキャリアアップに役立つ資格をまだ知らない可能性があるのです。
そのため、このようなサイトを利用することで資格とのマッチングをスムーズに行うことが出来ます。

詳しくはこちら