トップ

GPU運用を正しく行うためには環境づくりが大切

ディープ ラーニングに最適なGPUを運用するために必要なのは、その周りの環境です。
何故なら、GPUというのは非常に繊細な機械のため、その周りの環境によって性能が左右されてしまいます。
もしもハイエンド最新モデルを購入したとしても、その環境づくりに失敗してしまったら性能を十分に発揮することが出来ずに満足のいく成果を得ることが出来ないでしょう。
そのため、環境づくりがたいせつになっているのです。

ディープ ラーニング環境において最も重要なもののひとつには「排熱性能に優れたコンピューティング」の実現があります。
計算処理を行う際にGPUは非常に高い温度の熱を放出します。
そのため、コンピューターがオーバーヒートしてしまう可能性があるのです。
適切な熱処理を行わないと計算のパフォーマンスが遅くなります。
冷却ファンの導入や通気性の確保によって一定の温度を保つような環境を構築しましょう。

また、GPUクラウドの活用も重要なポイントです。
ハイスペックなGPUを即座に用意出来ないという場合にはクラウドサービスを利用するのが良いでしょう。
導入が短期間で行えますし、必要なスペックと期間を設定して導入を進めることが出来るのでコストパフォーマンスにも期待が持てるのです。